東急バスギャラリー 別館

shibu72.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 22日

新型セレガ NI3725 PKG-RU1ESAA(日野)

新羽営業所に平成19年4月に登場した新型セレガ。東急バス初の形式です。
主にたまプラ空港線で使用されています。新羽営業所には、現在2台の配置があります。
今後の増備があるのか気になるところです。
こちらのコーナーでは、様々な角度から撮影した画像を掲載します。画像は、すべて平成19年5月12日に撮影したものです。
c0130964_2226857.jpg

▲たまプラーザ駅を出発するNI3725、公式側からの撮影です。
c0130964_22262324.jpg

c0130964_22263296.jpg

▲フロントとリア
フロントマスクは、先代のセレガと大きくデザインも変わり斬新なものとなっています。
「TOKYU Lomousine」のロゴも他リムジンの車両に比べ大きくなっています。
また、ナンバープレート上ぐらいの位置には車載カメラらしきものがあります。
リアの形状も非常に独特なフォルムです。
リアの窓周りが黒くなっていることから大きいように見える窓も意外と小さいです。
c0130964_22264552.jpg

▲サイド
左真横からの撮影です。
窓ガラスは、ひし形をイメージする高速バスらしい形状をしています。。
ロゴから下あたりは、少しふくらみのある外板となっておりデザイン的にもアクセントとなっています。
c0130964_2227132.jpg

c0130964_2227696.jpg

▲フロントサイド
上の画像は、BRCのフロントの特徴がお分かりいただけると思います。独特のカーブを描いています。
全体的に黒を多用した仕上げは、これまでの東急リムジンとはイメージがだいぶ違います。
サイドのカーブピラーが採用されておりデラックス感があります。
c0130964_22272662.jpg

c0130964_22273222.jpg

▲リアエンド
リアエンドの2枚ですが、赤い灯火類のカバーが特徴的で目立ちます。
リアの窓上のウイングも先代のセレガから受け継がれていますが、進化をとげています。
c0130964_22274752.jpg

▲リア
正面からの雰囲気とはまたちがったつくりをしています。
リアは、フラットな部分の面積が大きいためロゴがとても目立っています。
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 22:27
2017年 07月 22日

いすゞ車のリア

車両のリア(真後ろ)から撮影した画像を集めました。リアの画像も並べてみると微妙な違いも見えてきます。
年代ごとに、その画像を並べました。なお、大型車のみです。

イーチコさんとりぞーと☆おぐさんからご提供いただいた画像を追加しました。貴重な画像ありがとうございました。
さらにO1000さんから貴重な画像をご提供いただきました。
NEWがついているところが追加画像です。

c0130964_2283467.jpg

BU05D(川重) 撮影日:不明 O1000さん撮影 画像提供ありがとうございます。
 日吉営業所での撮影ですが、先々代のH777です。もう既に社番も3順目となっていますが初代のものです。リアガラス上には、ワンマンの表示がされていますが、この時代の特徴かと思われます。
 また、リアの方向幕も表示がないフタをされた状態となっています。さらに、方向指示器がかなり
中央に寄っていて印象が違います。この年代のほかのメーカーでも同様の配置のものが見受けられます。
c0130964_2294186.jpg
 
BU20D(川重) 撮影日:昭和53年 イーチコさん撮影 画像提供ありがとうございます。
 大岡山小学校付近での撮影だそうです。下の画像のBU06Dとほぼ同じ形状をしています。
 比較して違うのは、系統板の位置そして右下についているライトの位置が微妙に違う、ナンバー
プレートの取り付け方ぐらいでしょうか。
 この車両も大橋営業所開設時に大量投入された一台です。目黒営業所には、M1004~M1011
までの8両が在籍していました。
c0130964_22103241.jpg

BU06D(川重) 撮影日:不明
 渋谷駅でT1194が渋23で充当中の画像です。その昔は、現在のトランセの乗り場が渋23の乗り
場でした。もともとこの車両は、昭和47年に荏原へ7両(E1189~E1195)導入されました。
 リアの形状としては、BU05から受け継がれている形状ですが、ルーバーが大きいのも特徴的です。左のルーバーは大きく角が丸いのに対し、中、右は四角くなっています。
 この時代の東急バスは、リアの方向幕はなく、系統板がついていました。
c0130964_2211199.jpg

BU04D(川重) 撮影日:不明
 こちらは、BU04Dの初期型のリアですが、上のBU06Dと同じ日の撮影です。こちらもリアの方向
幕はなく系統板がつけられています。BU04は、昭和48年度から導入されましたがそれまでのBU05/06などとは大きくデザインが変更され、その後登場の形式のベースとなりました。このタイプ
では、リアのルーバーの位置や大きさなどほぼ同じ位置に収まっていますが、中・右のルーバーはBU06Dとは異なり角が丸いものとなっています。
 ちなみに東急バスでは、翌年度導入の車両からリア方向幕が復活したため、この形状の車両は1年のみの導入にとどまっています。弦巻・目黒・日吉で導入され荏原でも移籍車が活躍していました。
c0130964_22121982.jpg

BU04D(川重) 撮影日:昭和53年 イーチコさん撮影 画像提供ありがとうございます。
 こちらもBU04ですが、上の画像と下の画像のちょうど中間的な形状をしています。
 この年度(昭和49年度)の車両からリアに方向幕が装備されるようになりました。ルーバーの
形状は、昭和48年度車までと同じ形状をしています。
 画像は、砧本村で撮影されたM52ですが、うしろに写る看板が時代を感じますね。
c0130964_2213498.jpg

BU04D(川重) 撮影日:昭和51年
 今はなき黒04ですが、駒沢公園の歩道橋からの撮影です(渋41撮影)。昭和59年1月31日をもっ
て黒04は廃止されていますが、いまもあったらいいのにと思う路線の1つです。
 画像は、昭和50年度に導入されたM102です。昭和49年度車よりリア方向幕が復活したのです
が、この年度の車両からリアのルーバーがなくなりました。屋根上にある角型ベンチレターも懐かし
いです。
c0130964_22133646.jpg

K-CJM470(川重) 撮影日:不明
 小杉駅の旧バスターミナルで停車中に撮影した1枚です。杉09に充当中の杉09です。今とは、バスターミナルの形状も違っていて、ガードレールが目に付きますが、懐かしい光景です。
 リアの形状としては、後期のBU04とほとんど違いがありません。リアの方向幕は、少し出っ張った独特の形状のものでしたが、ながらくこの形状の車両が活躍していました。
c0130964_2214383.jpg

K-CJM470(川重) 撮影日:不明
 こちらもCJMですが、昭和58年度に導入されたタイプです。東急バスでは、この前の年度に弦巻にCJMの冷房車がはじめて導入されました。東急バスでは他社からかなり遅れて(昭和58年度車から)、冷房が標準装備となりました。
 リアの形状は、非冷房のタイプと基本的に同じですが屋根上にはクーラーユニットが搭載され少しイメージが変わりました。画像は、五反田駅での撮影です。
c0130964_2214338.jpg

K-CJM470(川重) 撮影日:昭和58年
 ブレブレ画像はご容赦ください。こちらもうえのCJMと同じ年度に導入されたH544です。登場したてのとき日吉駅での撮影したものですが、行き先は「下田住宅」となっています。
 日吉営業所の車両で比較的新しい車両には、日吉線充当率が高くリアカメラも搭載されていました。リアカメラも現在の東山田車のものとは違い、大きく目立っていました。また、下の左右には、バックライトが2つ(しかもひさしのようなもの?もついている)、車外スピーカーがつけられていました。
c0130964_22145498.jpg

P-LV314K(川重) 撮影日:不明
 昭和59年からは、モデルチェンジされた「キュービック」が東急バスでも採用されました。当時、独特のスタイルが目立ちましたが、その後多く導入されました。LVの初期車は、リアガラス周辺がくぼんだ形となっているほか、方向指示器も出っ張った感じになっています。また、方向幕はガラスの内側に設置されるタイプとなりましたが横長のものが採用されています。
 画像は、目黒営業所に唯一配置されたM581。元競馬場での撮影です。M581は登場当初、黒02・03や東98で使用されることがほとんどでしたが、その後は黒01でもその姿を見ることができました。
c0130964_22155359.jpg

P-LV214K(川重) 撮影日:昭和61年
 昭和61年に登場した初代ロマンスのS757です。うえのM581のLV314と仕様は違えどリアの形状はほぼ同じです。画像では、金色に見えないかもしれませんが、リアの上半分の金色はインパクト大です。唯一違いといえば昭和60年度車から取り付けられた「乗降ランプ」があることです。
 初代ロマンスは、瀬田に11両(S750~S760)と荏原に1両(E761)が導入されていましたが、E761は、荏原での活躍は短く日吉(東山田)にその後移籍しています。
c0130964_22162271.jpg

P-LV314K(IKC) 撮影日:不明
 昭和62年度車からリアの形状にも少し変化がありました。方向幕のボックスも従来の横長のものから他社と同じ大きさのものに変更されたほか、リアのバックライト(上が赤、下が白)が下の左右につけられました。
 画像は、現在の「た62」に充当中のNJ959です。リアの方向幕は、初期のタイプで色による識別もなく、つめつめの方向幕です。
c0130964_22165825.jpg

P-LV218N(富士) 撮影日:平成13年3月12日 イーチコさん撮影 画像提供ありがとうございます。
 (イーチコさんのコメント)
 1999年から2001年3月までの僅かな時期だけ荏原配属だった965号車の荏原営業運転最終日の撮影です。この画像は、森08運行後、荏原入庫で荏原営業所到着時すぐに撮影したものです。富士重車体のいすゞ車は、自分が東急バスに接した範囲ではこのバスだけでした。

 900番台のロマンス車は、観光仕様で導入されました。いすゞは、KA964・965、H966、3両のみの導入でした。しかも東急バスでは、最初で最後?の組合せであるいすゞと富士ボディー(5B)として登場しました。
c0130964_22175345.jpg

撮影日:平成13年6月25日 渋72撮影
 上の画像から約3か月後、瀬田所属の車両として活躍していたときの画像です。瀬田に移籍後、さらにトランセ委託車となり平成13年12月に廃車となりました。
 瀬田に移籍後も一般路線で使用されることが多くファンを楽しませてくれました。
 リアの形状は、富士5Eとそっくりですが、上にはまーカラーランプ、方向指示器などは四角いボックスタイプとなっています。
 撮影は、玉07充当のため二子玉川で停車中のS965です。方向幕は、恵32になっていますが運転手さんのご好意で撮影させていただいたものです。
c0130964_22182518.jpg
 
P-LV314K(IKC) 撮影日:平成14年3月 イーチコさん撮影 画像提供ありがとうございます。
 (イーチコさんのコメント)
 T1046 エルガ投入の余波で荏原から弦巻へ移動した1台が、急遽弦巻装備のまま荏原管内を運行しました。(転属が2001年12月でしたから2ヶ月程度で出戻りしたことになります) 貸し出しということで後面の広告も弦巻仕様のままでしたが、これは後日取り外したようです。池上・荏原営業所バスには貼付されない黄色のステッカーが違和感ありありでした。

 こちらもわずかな期間の活躍を撮影された貴重な画像です。最近では、貸し出し扱いで元所属の表記をしたまま路線運用に入る車両も増えましたが貴重な1枚です。リアの形状的には、900番台と同じです。でも池上通りなどでは、見かけない黄色いステッカーア「T」の表記が異彩を放っていました。
c0130964_22191815.jpg

U-LV324K(IKC) 撮影日:平成13年5月 イーチコさん撮影 画像提供ありがとうございます。
 (イーチコさんのコメント)
 U代キュービック以降は、広告枠が横位置が中央となってきたのに対して緑登録ナンバーの位置が中央から少しずれているために、なんとなく落ち着かない印象があります。

 撮影は、馬込南台での撮影だそうです。森02ならではの風景があるところです。
 P代までは、伝統的に右側に広告枠がありました。その印象があるのでリアの形状だけでなく雰囲気が大きく変わりました。
c0130964_22195989.jpg

左:U-LV324K(IKC) 右:P-LV318N(IKC) 撮影日:不明
りぞーと☆おぐさん撮影 画像提供ありがとうございます。

 虹が丘営業所での1枚。同じ1100番台の車両ながら形式が違うためリアの形状も違っています。並べてみるとその違いがよく分かります。赤い帯の高さは変わらないのに機器の取り付け位置がそれぞれ(すべて)違います。
 画像の車両は、左がNJ1154、右がNJ1157です。左のNJ1154は後にNJ1155とそろって、東山田営業所に移籍しています。
c0130964_2220591.jpg

U-LV318N(IKC) 撮影日:平成5年7月4日
 平成2年度車よりこの形状にモデルチェンジされました。従来のすこしくぼんだ感じのスタイルはなくなり、非常にシンプルでフラットな形状になりました。エンジンルームの扉も左右に開くタイプのものから上にあげる1枚タイプのものになりました。また、バンパーもこの平成5年度車から黒色に変更されイメージが大きく変わりました。
c0130964_22212139.jpg

KC-LV380L(いすゞ) 撮影日:平成15年6月4日
 平成8年度車より、リアの方向指示器が柿の種タイプから四角い大型のものに変更され印象がまた少し変わりました。
 画像は、虹が丘の長尺車NJ1751ですが、方向幕時代のものです。
c0130964_22214910.jpg

KL-LV280L1(IKC) 撮影日:平成15年6月21日
 平成13年に登場したエルガは、キュービックをフルモデルチェンジをして全体的に丸い形状になりました。平成13年度車は、ブレーキランプが下にも1個多くついています。
 画像は、馬込橋付近での撮影で新幹線のガードをくぐる手前です。このあたりは、路面のアップダウンがあり当初、ノンステ車は通行が厳しいと見られていたようですが、ニーリングの対応により解消したようです。現在は、森02もほとんどノンステ車で充当しています。
c0130964_22221970.jpg

KL-LV280L1(IKC) 撮影日:平成16年11月28日
 平成16年度に導入されたNJ555。基本的にノンステ車と形状は似ていますが縦に長い形状となっています。ノンステ車と違い「Non-Stepbus 109」のロゴがないほか、リアガラス下の黒いフィルムもありません。
 この顔のLED車もかなり増えました。また、乗降ランプも車いすマークがつくタイプのものとなっています。
c0130964_22224532.jpg

KL-LV280L1(IKC) 撮影日:平成16年9月11日
 こちらは、上の画像と同じ平成16年度車のKA550。リアガラスには、標準仕様の認定ステッカーがつけられています。最近は、「「Non-Stepbus 109」のロゴも「109」の文字がなくなっています。
 画像は、溝の口へ向かうKA550です。川崎では平成16年度から、いすゞのノンステ車が導入されています
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 22:23
2017年 07月 22日

アトムバス O1345 U-HT2MLAH(日野)

U代のHIMR(ハイブリッドバス)は、大橋営業所(のちに目黒営業所へ移籍)と東山田営業所、目黒営業所に各1両が配置されました。
1300番台のHIMRは、どちらもともにアトムラッピングが施されました。
大橋営業所のラッピングと東山田営業所のラッピングでは、色合いが違います。
ここでは、大橋営業所時代のアトムラッピングされたO1345の画像を集めてみました。
現在は、ラッピングは剥がされています。
c0130964_222794.jpg

▲渋谷駅を発車するO1345。
大橋営業所時代の渋82、そしてアトムラッピングは過去のものとなっています。
c0130964_2222297.jpg

c0130964_2222892.jpg

▲フロントとリア
フロントには、水色のハートマークのステッカーが貼られています。エコカーの証です。
形状的には、他の1300番台と同じ顔をしています。
リアは、前面と違いすっかりラッピングされています。
カラーは東山田営業所のものと比べると明るめです。
c0130964_222441.jpg

c0130964_2225088.jpg

▲両サイドのリア
基本的なラッピングのデザインは、同じですが、左右対称ということではありません。
ドア側の方が、「ガラスの地球を救え手塚治虫ワールド」の文字が大きめです。
画像では見にくいですが、乗降ランプの周りまでラッピングされています。
c0130964_2231563.jpg

c0130964_2232068.jpg

c0130964_2232643.jpg

▲サイド各部
前ドア上には、「東急バス」のロゴが配されています。社番や入口の文字は、白抜きの文字です。
屋根上のマーカーランプやクラーユニットは、ラッピングされていません。
車両エンド部分には、ハートマークがついています。
車体中央の部分には、キャラクターが勢ぞろい。
c0130964_2234292.jpg

c0130964_2234884.jpg

▲真横から
光の当たり具合でも色合いが違って見えます。
c0130964_22426.jpg

c0130964_224989.jpg

▲リアのアップ
リア中央にも地球とキャラクターが配されています。
また、リアガラスには、「東急バス」の文字とハートマークのステッカーが貼られています。
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 22:04
2017年 07月 22日

HYBRID NONSTEP BUS M625 ACG-HU8JLFP(日野)

東山田営業所にはHIMR(ハイブリッドバス)が2台配置されています。
目黒営業所にも1700番台以来の日野大型車(しかもハイブリッドノンステ)の新車として、平成17年9月に配置されました。
日野好きの管理人としては、しばらく追いかけたくなるような新車です。こちらのコーナーでは、様々な角度から撮影した画像を掲載します。画像は、すべて平成17年9月24日に撮影したものです。
c0130964_21551257.jpg

▲碑文谷八幡で停車中、非公式側からの撮影です。
c0130964_21553024.jpg
c0130964_21553784.jpg

▲フロントとリア
フロントには、ハートのエコマークが左側にあります。屋根上には、バスナビアンテナと新目黒アンテナを搭載。
東山田のハイブリットバスと違いマーカーランプの装備はありません。
屋根上とリアガラスには「HYBRID NONSTEP BUS」の文字があり目立ちます。
リアのスポイラーは、排気口が下向きになっています。
c0130964_21555274.jpg

c0130964_21555983.jpg

▲両サイドのリア
左右のリアエンドの形状は微妙に違います。ドア側には、大きなルーバーがありますが反対側にはありません。
それとは逆に反対側の上の方には、黒い通風孔があるのに対し、右にはありません。
これは、一般車と違うところで黒い通風孔もかなり上に配置されています。
c0130964_21561471.jpg

c0130964_21562353.jpg

c0130964_21562831.jpg

▲フロントサイド
上の画像は、BRCのフロントの特徴がお分かりいただけると思います。独特のカーブを描いています。
運転席うしろは、大きく外板となっているのも日野車の特徴といえます。
サイドに移る、四角い方向指示器が赤い帯にかかっています。
c0130964_21571964.jpg

c0130964_21572659.jpg

c0130964_21573821.jpg

c0130964_21575739.jpg

▲いろいろな角度から
1 屋根上の方向幕のあたりの様子がお分かりいただけると思いますが、方向幕のあたりが出っぱっているのがBRCの特徴です。
2 今年の新車は、日野車も出入口の表示も新しいものになっています。
3 非公式側中央に配されているエコマークと「Non-Step Bus」の文字。
4 リアエンドのガラスは、大きな1枚窓です。下半分は、スモークフィルムが貼られています。
リアエンドの車高は、後ろをこすらない構造にしているのでしょうか?バンパーがかなり上にあるように見えます。
c0130964_21583834.jpg

c0130964_21584475.jpg

▲LED表示
側面表示とリアの画像ですが、リアの表示器は、斜めになっているのが分かります。
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 21:58
2017年 07月 22日

リエッセ PB-RX6JFAA(日野)

 日23(さくらが丘線)用として、導入されている日野リエッセの様々な角度からの画像を集めてみました。
 川崎に所属するリエッセは、平成16年度車3両、平成18年度車2両ですが、平成18年度車の2両のうち1両は、ラッピングがされていない
しかもツーステップのカラーリングで登場しています。このカラーリングは、久々のものとなりました。今回は、ラッピングされた状態とない状態
を比較した画像として掲載してみました。
c0130964_21335673.jpg

▲日吉駅を発車するKA546。
路線開業当時は、ポンチョで運行されていた日23も利用者数増に伴い、車両もリエッセと三菱MEが増車されついにポンチョもその役目を終えてその代わりにこのリエッセがその数を増やしています。
c0130964_21342663.jpg
c0130964_21343584.jpg

▲フロント
KA761とKA762のフロントマスク。どちらも同じ形式ですが、右のKA762は、ラッピングがされています。よく見ると撮影日が違うためなのか微妙に表示類が違います。
c0130964_21345979.jpg
c0130964_2135696.jpg

▲リア
同じくKA761とKA762ですが、リアの表情はまったく違います。リアには、バックカメラが装備されています。また、乗降ランプもボックスごと埋め込まれています。
c0130964_21352813.jpg
c0130964_21353570.jpg

▲ドア側
左は扉が開いた状態、右は閉まった状態。左のノンラッピング車は、懐かしいツーステップカラーですが、出入口の表示は最新のものとなっています。
c0130964_21354889.jpg
c0130964_21355515.jpg

▲運転席側
リア付近にある非常口窓の形状は、丸くとても印象的です。
運転席の窓形状も独特のものでこちらもリエッセの特徴となっている部分です。
c0130964_21361767.jpg
c0130964_21362469.jpg

▲ななめ左から
右のラッピング車も非常に日23らしく見えます。左のノンラッピング車は、非常にシンプルなカラーリングで好感がもてます。
c0130964_21363697.jpg
c0130964_21364376.jpg

▲ななめ後から
右のラッピングされた状態の表情で見慣れているため、
左のラッピングされていない状態は、大きく印象が違って見えます。
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 21:36
2017年 07月 22日

昭和末期の川崎営業所管内のバス

 御殿町さまからご提供いただいた画像を中心に、昭和50年代から昭和60年ごろまでの川崎営業所管内のバスを紹介します。
 御殿町さま、貴重な画像をご提供くださり誠にありがとうございました。

c0130964_21124437.jpg

川崎駅前付近  御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 懐かしいU20H(KA114)で運行される川31溝の口駅ゆき。川崎駅東口とのことですが、左側が工事中で現在のバスターミナルを整備中でしょうか。後ろにある京浜急行のガード以外はすっかり風景が変わっています。
 東急バスも平成19年4月より西口にできたバスターミナルに乗り場が移転し、東口での姿を見ることもできなくなっています。東口で撮影された東急バスの貴重な記録となります。
c0130964_2114629.jpg

小杉駅前 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 面影を残しつつ今は、様子が変わっている武蔵小杉駅。バスターミナルが現在のように整備される前ですので、左手には、ロータリーのような木々があります。画像に写るバス停は、降車専用のもので現在に引き継がれています。
c0130964_2115055.jpg

小杉駅前付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 こちらも小杉駅前の風景ですが、まさに駅へ進入する直前です。東横線のガードも時代とともに変化しているほか、街並みや車両などを見ると時代を感じます。中心に写る川崎市営バスも色は白黒画像なので分かりませんがすみれ色の懐かしいものでしょう。
c0130964_21161753.jpg

小杉駅前付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 手前右側に写る屋根は、バスターミナルです。今とは違って駅に向かって縦に乗り場があったようです。バスターミナルからすぐにバスが出発できるつくりになっているので、今とはかなり雰囲気が違います。
c0130964_21171425.jpg

溝の口付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 かつては、島屋交差点と呼ばれていた場所で、現在は、「溝の口」バス停のあたりでしょうか。画像のRE100はTA1682(改番前はTA933)で、溝22に充当しているようですが出庫のようです。
c0130964_2118565.jpg

溝の口前付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 自転車屋の趣も昭和時代を感じるものです。車両とともにこういった風景も今では思い出となっています。
c0130964_21185734.jpg

大戸小学校付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 杉06に充当する4R110の北村車であるKA1711(改番前は、KA 1062)です。この車両は、新車で昭和44年に導入され改番後も川崎営業所に在籍していた車両です。車体中央の非常口も時代を感じる形状です。
c0130964_21193976.jpg

大戸小学校付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 周りには、高い建物もなく車両の通行も少ないように感じます。バスの右手には、「この町から交通事故をなくそう」という看板が立っています。このあたり交通事故の多い地域だったのでしょうか。
c0130964_2120312.jpg

大戸小学校付近 御殿町さま撮影 画像提供ありがとうございます。
 今の風景と似た感じですが車両や人の服装などやはり時代を感じます。
c0130964_2121208.jpg

小杉駅前 管理人撮影
 今は、杉06・09の高津営業所移管で高津営業所の車両が小杉駅にやってきますが、かつては鷺02も高津営業所の所管だったため、小杉駅に乗り入れていました。画像は、TA509で旧書体の方向幕とともに懐かしいです。
c0130964_2122883.jpg

川崎営業所 管理人撮影
 こちらは、今と変わらない川崎営業所の風景。しかし、車両の面々はすっかり様変わりしています。CJMの並びも普通に見れましたが、今は思い出です。
c0130964_21224118.jpg

川崎営業所 管理人撮影
 川崎営業所でのCJM(KA485)とU20H(KA113)の並びです。ともに川32の表示をしています。U20Hのほうは、系統番はつけられておらず、方向幕のみの系統表示となっています。 
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 21:23
2017年 07月 22日

路線短縮をする市03

永年、横浜駅に乗り入れをしていた東急バスも市03が短縮され消滅します。短縮される区間を中心に、市03の走る風景を綴ります。
c0130964_215652.jpg

横浜駅付近
 横浜駅西口を抜けて橋を渡る市03。後に写る高島屋が横浜駅であることがおわかりになると思います。
c0130964_2152665.jpg

横浜駅付近
 ロマンスもよく充当する市03。画像は、系統なしの小机駅ゆきです。
c0130964_2154324.jpg

横浜駅付近
 定番の撮影ポイント?!うしろからの撮影ですが、市03のバス停も撮影がしやすいです。
c0130964_216016.jpg

横浜駅付近
 横浜駅西口のバスターミナルに進入する市03。とてもらしい風景です。
c0130964_2161737.jpg

横浜駅付近
 車両は、小さく写っていますが横浜三越閉店セールが行われていたときの画像です。どちらも横浜駅を去ることになりました。
c0130964_2163371.jpg

鶴屋町三丁目付近
 夜の市03の風景。淡島営業所から移籍してきたNI1779との組合せも短期間のものとなりました。
c0130964_2165824.jpg

二ッ谷町
 横浜駅を出て青木橋付近から東神奈川駅まではJRと併走する区間がつづきます。
c0130964_2171135.jpg

二ツ谷町
 横浜駅発小机駅ゆきの入庫便も今回の路線短縮で見れなくなるもののひとつです。
c0130964_2173074.jpg

東神奈川駅
 こちらも定番といえる撮影ポイントかもしれません。とても市03らしい風景で、オレンジ色の横浜市営のバス停も雰囲気をかもし出しています。
c0130964_2174862.jpg

東神奈川駅付近
 東神奈川駅付近の歩道橋から東白楽駅方面を望む風景です。後には東白楽駅が写っています。
c0130964_2181082.jpg

東白楽駅
 東急電鉄の駅なのに横浜駅同様、市03しか東急バスがやってきません。でもあとわずかでその姿も見れなくなります。
c0130964_2182981.jpg

岸根谷戸
 バス停先の橋のうえからの撮影ですが、遠くまで見渡せます。橋は、車がやっと通れるほどの狭さですので撮影の際には、注意が必要です。
c0130964_2185043.jpg

新川向橋付近
 横浜線の線路を越えて坂を登ります。坂の上からは、遠くの風景まで見れます。
c0130964_219194.jpg

貝の坂付近
 坂を下ると市43と合流します。この坂は、カーブがきつく絵になります。
c0130964_2192362.jpg

川和町
 川和町のT字路を進む市03。川和町のバス停は、画像の手前です。このT字路を右折すると川和高校に向かいますが、横浜市営の再編で廃止される73系統はここを曲がります。まがって少し進むとバス専用の信号が設置されています。
c0130964_2193493.jpg

日産スタジアム付近
 小机駅から新羽営業所に入庫する市03。後にかすかに写るのは日産スタジアムです。
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 21:09
2017年 07月 22日

廃止直前の大橋営業所

33年の歴史の幕を閉じる直前の大橋営業所の画像を集めました。撮影は、すべて許可を得ています。
c0130964_20563269.jpg

正門前
 大橋営業所のプレートが見えます。営業所を出て本社の下をとおり、運用に入ります。
c0130964_2057586.jpg

洗車機
 燃料節約の文字が見えます。正門を抜けてすぐのところにあります。後ろに見えるのは、第二工場です。
c0130964_205733100.jpg

246側の出入口
 かつて玉電が入庫するときに使用されていた通路の名残です。画像で見える柵は、玉電時代の
まま残されていたようです。
c0130964_20575947.jpg

第二工場横
 車両は、リアの並びですが、空港リムジンも写っています。左に少し見えるのは洗車機です。
c0130964_20581767.jpg

洗車機
上の画像の左に写っていた洗車機です。アイドリング3分以内で停止というのが、営業所
らしくていいですね。
c0130964_20584618.jpg

本社側の出入口
 後ろに写るのは、ご存知本社ビルです。ジャンクションが出来てもこちらは残るようです。
c0130964_2059251.jpg

所内
 日野HTがずらり並んでいます。すっかり車両の数も減っています。
c0130964_20594895.jpg

第二工場
 車両は4両程度、納まっていたようです。こちらの工場は、シャッターが閉まっていること
が多かったです。
c0130964_210920.jpg

第一工場
 トランセ車が写っていますが、SI902です。かつては、大橋に所属していた車両です。工場も比較的大きな工場だったようです。
c0130964_2103556.jpg

給油機
 毎日のバスたちの活躍を支えた給油機。事務所棟の正面にありました。
c0130964_211149.jpg

大橋変電所
 こちらも玉電の名残の1つです。営業所の敷地の下には、営業所開設が突貫工事であっため、線路が埋まっていたようです。
c0130964_2112518.jpg

大橋変電所看板
 上の画像の建物の横に貼ってあった看板です。見にくいですが、大橋変電所の文字の上には、
東京急行電鉄株式会社とかかれています。
c0130964_2114547.jpg

事務所棟入口
 入口横にある看板は、どこの営業所にもある標語の看板ですが、大橋営業所はここにありました。
c0130964_2115927.jpg

大橋営業所路線表
 営業所の門の横に掲出されていた路線表です。もうすでに4路線しかありません。
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-22 21:02
2017年 07月 17日

渋72縁日幕の変遷

 渋72(不動線)は、毎月28日に行われる目黒不動縁日の際、不動尊門前から林試の森入口が通行止めとなるため徒歩連絡になります。その際、方向幕の表示に「縁日」が入ったものが使用されます。目黒不動尊9:00発以降の便は、すべて折返し運転となり、徒歩連絡となります。
 この縁日幕も車両の変遷とともに表示方法も様々な変遷をしています。その変遷を順をおってご紹介します。ちなみに私の幼少の頃の記憶では、中型車導入当初、「試験場下」(現:林試の森入口)と「目黒不動尊」の方向幕が装備されていたと記憶しています。

c0130964_150188.jpg

M278(品川22か1993) 日野K-RL320 
林試の森入口にて撮影


 その昔は、系統番号の上に縁日と書かれた系統板が使用されていました。昭和55年に中型化される際に導入された日野RL320から方向幕で「縁日」表示がされるようになりました。系統番号の右に縦字で縁日と緑 色で書かれています。

c0130964_1511393.jpg

M519(品川22か2771) 日野K-RJ172AA 
不動尊門前にて撮影

 こちらは昭和58年6月、渋71が中型化された際に導入された日野K-RJ172AAです。方向幕が中型車ながら大型化されました。基本的なレイアウトは、RL320と同様ですが文字も大きくなり凝縮された感じになっています。ちなみに目黒営業所に始めて導入された冷房車でした。

c0130964_1532070.jpg

M1020(品川22か4041) 日野P-RJ170BA 
林試の森入口にて撮影

 昭和55年に導入されたRL320に変わり平成元年に導入されたP-RJ170BAには、経由地が表示されるとともに、縁日の文字が横字で黒文字になりました。前年に導入された同形式の車両にも同じフォントの幕が装備されていました。系統番号の大きさも小さめになりました。

c0130964_1541460.jpg

M1024(品川22か4046) 日野P-RJ170BA 
五反田駅にて撮影

 M1024のリア幕は、旧書体の幕に途中から変更されました。

c0130964_1545311.jpg

M139(品川22か4726) 日野U-RJ3HGAA 
大崎広小路にて撮影

 平成4年度に導入されたU-RJ3HGAAは、P-RJ170BAとほぼ同じ内容です。しかし、縁日の文字と行き先の間に「・」が入りました。平成7年に導入されたU-RJ3HJAAも同じものが使用されています。ちなみに画像は、五反田駅から運用につくために目黒営業所から「回送車」幕で大鳥神社を回送し大崎広小路付近で渋谷行き幕を表示したところを撮影したものです。

c0130964_156185.jpg

M1027(品川22か4050) 日野P-RJ170BA 
不動尊門前にて撮影

 平成13年5月に突如、英字併記幕に交換されたM1027です。このほかM927も同時期に交換されています。どちらの車両も平成14年に新車と置き換えられたため1年あまりの使用となりました。初期の英字併記幕と同様に系統番号が非常に小さくなりその上に経由地が表示されるようになりました。縁日の文字は、黒文字で変化はありませんが行き先の文字より小さくなっています。また、縁日の文字にローマ字は記載されていません。ちなみにリアの渋谷行きは「(東口)」の文字と縁日の文字が小さめになっています。

c0130964_1573144.jpg

M345(品川200か753) 日野KK-HR1JKEE 
不動尊門前にて撮影

 平成元年に導入されたP-RJ170BAの置き換えで、平成14年12月に導入されたKK-HR1JKEEです。レイアウト的には、RJのものをベースにしていますが英字併記になったのと同時に系統番号が大型の
楕円になりました。RJの英字併記のものとは違い経由地は上に位置し字体は少し横長のナール書体になっています。この幕は、平成16年10月に目黒営業所の車両が全車幕交換した際に現在のものに交換されたため2年余りの短命となりました。

c0130964_1583882.jpg

M1025(品川22か4047) 日野P-RJ170BA 
五反田駅にて撮影

 縁日の五反田駅発、終車前2便及び終車時のみに使用される「縁日 不動尊門前」ゆきの幕です。この3便のみ渋谷行きに接続しないため不動尊門前止まりとなります。RJのものは、経由地がなく非常にシンプルです。ちなみに側面幕は五反田駅-桐が谷-不動尊門前となっておりこちらもシンプルです。

c0130964_1510090.jpg

M342(品川200か750) 日野KK-HR1JKEE 
不動尊門前にて撮影

 HRのものは、英字併記されているほかはRJと内容が同じです。この「縁日 不動尊門前」のほか「縁日」のない「不動尊門前」幕もRJの時代からも装備されていますが、どのような時に使用され るのかは不明です。

c0130964_15145961.jpg

M342(品川200か750) 日野KK-HR1JKEE 
西五反田4丁目にて撮影

 平成16年10月に全交換された現在の新しい幕です。この幕では、経由地表示がなくなったほか「縁日」の文字が青色になったほか文字の前後に「【】」もつきました。目黒営業所の大型車には、この幕に似た「東98【臨時】産業経済省前」や「黒02【臨 時】上野毛駅」がこの時期「【】」つきのもので新設されています。

c0130964_15104656.jpg

M342(品川200か750) 日野KK-HR1JKEE 
西五反田4丁目にて撮影
 今回の幕からリアの表示に「縁日」の文字がなくなりました。

c0130964_1512725.jpg

M1445(品川22か5320) 日野U-RJ3HJAA 
不動尊門前にて撮影

 1400番台のU-RJ3HJAAにも同様の幕が装備されています。

c0130964_15125841.jpg

M627(品川200か1452) 日野PB-HR7JHAR 
不動尊門前にて撮影

 目黒では、初の中型車のLED装備車となったM627。当然、縁日表示もLED表示初登場です。

c0130964_15135746.jpg

M627(品川200か1452) 日野PB-HR7JHAR 
西五反田四丁目にて撮影

 上と同じM627ですが、昼間の撮影&渋谷方向です。LEDの方が縁日の文字が目立ちます.
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-17 15:16
2017年 07月 17日

KA209七変化

 川崎営業所に所属する新7Eノンステは、KA209とKA309の2台です。KA209は、登場してからしばらくは、溝02の限定運用でしたので、他の路線への充当はほとんど見られませんでした。最近では、ワンステップ車、ノンステップ車ともに数を増やし、他の路線への充当も見られるようになりました。
 KA309の画像もいっしょにどうぞ。

c0130964_14404220.jpg

導入直後の姿ですが、東芝小向工場輸送につくため、営業所から出庫して小杉方面に向かいます。
小杉御殿町付近にて

c0130964_1442025.jpg

c0130964_14421528.jpg

こちらも登場当初の姿です。この光景は良く見かけましたが方向幕は、もう見られません。系統番号が小さい経由地2段表示タイプです。
小杉駅にて

c0130964_1443876.jpg

こちらも同じ当初の幕ですが、小杉ゆきは経由地3段表示タイプです。細かすぎて遠くからだと系統番号が読めませんでした。
溝の口駅にて

c0130964_14434310.jpg

c0130964_14435553.jpg

こちらも同じ小杉駅ゆきですが、祝日のため日の丸を掲揚しています。
小杉駅にて

c0130964_14442295.jpg

現在の系統番号が大きいタイプの方向幕です。川崎営業所仕様の方向幕も今は見れなくなりました。
小杉駅にて

c0130964_14445626.jpg

同じ場所での撮影ですが、こちらは川崎営業所ゆき。
小杉駅にて

c0130964_1445242.jpg

川31に充当中の姿も時々みられるようになっています。
溝の口駅にて

c0130964_14455263.jpg

川33に充当中の姿も時々みられるようになっています。
鹿島田付近にて

c0130964_14461881.jpg

すっかり見慣れた現在の溝の口駅の幕、今年車体再生が実施されるとこの方向幕も見れなくなることでしょう。
小杉御殿町付近にて

c0130964_14464760.jpg

鷺沼駅に登場したKA209。鷺02には、結構充当している確立が高いように思われます。
鷺沼駅にて

c0130964_1447136.jpg

同じく鷺02ですが、こちらは小杉駅での撮影です。
小杉駅にて

c0130964_14473512.jpg

営業所で撮影させていただいた溝02深夜バスのコマ。実際充当しているシーンは地元ながら見たことはありません。
川崎営業所にて

c0130964_1448871.jpg

c0130964_14481668.jpg

一度見たときから撮影したかったのですが、なかなか実現していませんでした。ようやくつかまりました。虹が丘の「た31」や東山田の「日22」などで、採用されていましたが、今はすっかりLED化されこの川崎の「溝03」ぐらいでしか黒幕も見れなくなっています。
溝の口駅にて

c0130964_14483787.jpg

もう一枚、溝03を。この209と黒幕はマッチしていてとてもかっこいいと思うのは、管理人だけでしょうか?!
小杉駅付近にて

c0130964_14485856.jpg

つづいてKA309の画像です。登場当初は、都内仕様のこの幕でした。川崎営業所では、一年前に導入されたKA209のものと異なり唯一の幕でした。
市民ミュージアムにて

c0130964_144924100.jpg

KA309がLED化される前、神奈川仕様の方向幕を装備していた頃の画像です。
川崎営業所にて

c0130964_14494966.jpg

LED化されたKA309の現在の姿です。最近は、溝02での充当が多い気がします。
小杉駅にて
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-17 14:50
2017年 07月 11日

I1742

c0130964_1745178.jpg

撮影日:平成29年7月11日
撮影地:池上営業所
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-11 17:45 | 平成29年度車
2017年 07月 11日

E1738

c0130964_17441862.jpg

撮影日:平成29年7月11日
撮影地:荏原営業所
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-11 17:44 | 平成29年度車
2017年 07月 11日

T1731

c0130964_1743326.jpg
c0130964_1743942.jpg
c0130964_17431528.jpg

撮影日:平成29年7月11日
撮影地:渋谷駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-11 17:43 | 平成29年度車
2017年 07月 11日

T1730

c0130964_17415542.jpg

撮影日:平成29年7月11日
撮影地:渋谷駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-07-11 17:42 | 平成29年度車
2017年 06月 24日

深夜バス方向幕ギャラリー

 深夜バスの方向幕(LED表示含む)を並べてみました。昼間の画像が多いですが、すべて営業所の許可をいただいて撮影している画像です。

■MIDNIGHT ARROW 高速ニュータウン線
c0130964_208383.jpg

 上段は、H394の側面方向幕起終点のみ大きいバランスの取れた方向幕となっています。
c0130964_1948699.jpg

 下段は、渋谷駅での営業中の高速ニュータウン 線。前面は、サボと組合せで行き先のみの表示となっています。他の路線同様シンプルなものとなっています。

■黒01 碑文谷線
c0130964_1950863.jpg

  上段は、M1881の側面方向幕。開業当初は、他の路線と同様系統番号は、白地に緑の文字でしたが、比較的新しい車両では、新交通幕の系統表示と同じタイプとなっています。深夜バスの文字の間に系統番号が入っているのが特徴となっています。
c0130964_19504563.jpg

  中段は、同じM1881を前面から撮影したものです。現在は、全幕交換されたため新しいものとなっています。他の系統と違い、深夜バスの文字も小さく系統番号も新交通幕と同様の大きさになっています。

c0130964_19514413.jpg

  下段は、いまはなき109車の画像。入庫用の幕ですが、系統番号が現在のようについてなく非常にシンプルなものとなっています。

■深夜 野沢線
c0130964_2015656.jpg

  大橋時代の深夜バス野沢線の側面方向幕。右の方は、かなりつめつめです。この幕は、路線開設時のもので都内では珍しく系統番号がないものとなっています。この幕も今では見れなくなりました。

■MIDNIGHT ARROW 高速新横浜線
c0130964_19532648.jpg

  この路線も、ルート変更がされ現在のルートとなっていますが、現在のものは、停車する停留所名がすべて掲載されているため、上段の画像のようにかなりつめつめです。新横浜駅から新羽営業所までのフリー降車区間表示があるのも特徴的です。
c0130964_19535823.jpg

 下段は、NI881の画像です。JR武蔵小杉駅経由時代のものです。300番台のロマンスシート車と違い、この世代のロマンスシート車は、「東急」表示にサボをつけてというスタイルもよく見られました。JR小杉駅時代は、降車専用バス停にて降車を行っていました。

■日55 高田線
c0130964_195437100.jpg

  こちらは、既に廃止となっている日55のLED表示です。深夜バスでしか見れない「下田町」の 文字です。LED表示では深夜バスの表示のほか緑色の縁取りがされます。なお、深夜バス終車の表示は緑と赤の交互で縁取られます。

■反02 五反田線
c0130964_19552112.jpg

  上段は、E979に装備された小型側面方向幕。小さいながらも経由地は比較的詳細に掲載されています。

c0130964_19553951.jpg

 下段は、現在の都内標準といえる英字併記のスタンダードなタイプです。系統番号が小さめなのが特徴です。

■青23 十日市場線
c0130964_1956242.jpg

  こちらは、神奈川標準バージョンです。都内とは違い、系統番号が一般幕と同様のレイアウトとなっており白地のものではありません。均整がとれていて見やすい表示です。現在は、この表示が標準となっていますが系統番号が付与された平成14年 以前は、あたりまえのことながら無系統の行き先だけ(深夜バスの文字は現在とほぼ同じ位置)のものでした。
  
■日吉線(現 日22)
c0130964_19563964.jpg

  現在の日21サンヴェリエ日吉行き幕の前身である下田住宅ゆき幕です。この頃は、まだ系統番号が付与されていないため経由地は書かれていますがシンプルなものとなっています。経由地の文字は、少し小さめですが横幅はすこし大きめに撮られています。現在は、日吉折返所となっている日吉営業所で撮影した一コマです。車両も懐かしいH541です。

■綱島線(現 綱47)
c0130964_19571991.jpg

  こちらも昔の神奈川バージョンです。経由地表示が「道中坂下経由」となっており「経由」の文字が入っているので2段記載されています。

■大森線
c0130964_19574994.jpg

  既に廃車されたI1106に搭載されていた方向幕の画像です。森04、07の深夜バスが開設された当初の幕ですが、系統番号が記載されていません。
  
■溝02 小杉線
  方向幕、LED表示の画像です。残念ながら登場当初のものはありませんが、変遷をごらんいただけると思います。
c0130964_19582890.jpg

 上段は、系統番号周りが4段タイプのものです。一般路線幕もそうでしたがかなりつめつめ感があります。画像のKA1609は、新羽に移籍後、LED化されています。
c0130964_19584418.jpg

 中段は、現在のいわゆる神奈川バージョンのものです。上段のものより系統番号は大きく見やすくなっていますが、経由地表示が追加されたため、それ以外の部分はさらにつめつめになりました。
c0130964_19591147.jpg

 下段は、LED化されているKA1608の営業中の画像です。LED表示では、系統番号、深夜バス、行き先の3つの表示のみのため幕のものよりシンプルですが、幕の緑色のイメージから大きく変わっています。画像は、ブレ気味ではありますが緑の縁取りがご覧いただけると思います。ちなみにリアは、「深夜 溝の口駅」と表示されます。

■団地線
c0130964_2005236.jpg

  こちらも現在の標準仕様の方向幕です。方向幕周りは、反射していて見にくいのですが正面からの画像です。私(渋72)は、このアングルの画像は結構好きだったりします。

■渋41 品川線
c0130964_2013262.jpg

  短命だった渋41深夜バス「目黒駅」ゆきの幕です。この深夜バス開設とともに、深夜バス送り込みのための「渋41目黒駅」もありました。渋41深夜バスは、画像の背景の大橋営業所とともに過去のものとなりました。

■渋21 松蔭線
どちらも営業中の画像ですが、所管が違うため方向幕も違っています。
c0130964_2023974.jpg
  
 上段は、大橋時代のものです。方向幕も英字未併記の登場当初のタイプです。
c0130964_2031144.jpg

下段は、トランセ弦巻のものです。トランセ移管とともに弦巻に所管変更されたため、いすゞの渋21もよく見られるようになりました。方向幕は、系統番号が小さく、英字併記の現在のものです。

■渋32 下馬線
c0130964_2035144.jpg

  深夜バス野沢線が、下馬に移管後経路変更が実施され「渋32」深夜バスとなりました。後発組ながら系統番号が大きいものとなっています。しかし、循環表示タイプの行き先表示のため、かなり凝縮された感じのものとなっています。

■NIGHT ARROW 高速青葉台線
c0130964_2043085.jpg

 平成15年に登場したTA473の充当シーン。画像では見にくいですが、LED表示ながら「深夜急行」表示がされています。
[PR]

# by shibu72 | 2017-06-24 20:04
2017年 05月 10日

T1637

c0130964_1811846.jpg

撮影日:平成29年5月10日
撮影地:三軒茶屋
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-10 18:11 | 平成28年度車
2017年 05月 10日

T1636

c0130964_1881021.jpg
c0130964_1881642.jpg

撮影日:平成29年5月9日
撮影地:目黒駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-10 18:09 | 平成28年度車
2017年 05月 10日

T8773

c0130964_187260.jpg

撮影日:平成29年5月9日
撮影地:目黒駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-10 18:07 | 平成19年度車
2017年 05月 08日

NI3663

c0130964_22375731.jpg
c0130964_2238451.jpg
c0130964_2238995.jpg

撮影日:平成29年5月8日
撮影地:小杉駅東口
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-08 22:38 | 平成28年度車
2017年 05月 07日

S1606

c0130964_16491355.jpg

撮影日:平成29年5月7日
撮影地:二子玉川駅
c0130964_16494391.jpg
c0130964_16494966.jpg
c0130964_16495459.jpg

撮影日:平成29年5月7日
撮影地:小杉駅東口
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-07 16:50 | 平成28年度車
2017年 05月 07日

S6601

c0130964_16471769.jpg
c0130964_16472242.jpg
c0130964_16472826.jpg

撮影日:平成29年5月7日
撮影地:二子玉川駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-07 16:47 | 平成28年度車
2017年 05月 03日

H1676

c0130964_21435981.jpg

撮影日:平成29年5月3日
撮影地:能満寺
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-03 21:44 | 平成28年度車
2017年 05月 01日

NJ1671

c0130964_18453094.jpg

撮影日:平成29年5月1日
撮影地:たまプラーザ駅付近
[PR]

# by shibu72 | 2017-05-01 18:45 | 平成28年度車
2017年 04月 16日

H1677

c0130964_14113139.jpg
c0130964_14113829.jpg
c0130964_14114338.jpg

撮影日:平成29年4月16日
撮影地:鷺沼駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-04-16 14:12 | 平成28年度車
2017年 03月 27日

SI3601

c0130964_8531383.jpg
c0130964_8532184.jpg

撮影日:平成29年3月26日
撮影地:渋谷マークシティ
[PR]

# by shibu72 | 2017-03-27 08:53 | 平成28年度車
2017年 03月 24日

S6600

c0130964_1532565.jpg
c0130964_1533122.jpg

撮影日:平成29年3月24日
撮影地:等々力
[PR]

# by shibu72 | 2017-03-24 15:03 | 平成28年度車
2017年 03月 24日

NI1619

c0130964_1522323.jpg

撮影日:平成29年3月24日
撮影地:綱島駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-03-24 15:02 | 平成28年度車
2017年 03月 17日

H1678

c0130964_22273562.jpg
c0130964_22274014.jpg

撮影日:平成29年3月17日
撮影地:鷺沼駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-03-17 22:27 | 平成28年度車
2017年 03月 17日

H1675

c0130964_2226323.jpg

c0130964_22261580.jpg

撮影日:平成29年3月17日
撮影地:鷺沼駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-03-17 22:26 | 平成28年度車
2017年 03月 17日

NJ1654

c0130964_22245458.jpg
c0130964_22245932.jpg
c0130964_2225686.jpg

撮影日:平成29年3月17日
撮影地:あざみ野駅
[PR]

# by shibu72 | 2017-03-17 22:25 | 平成28年度車